花粉症になった場合、どのような症状が現われるのでしょうか? 花粉症の代表的な症状は、以下の通りです。 ・くしゃみ ・鼻水 ・鼻詰まり ・目のかゆみ ・目の充血 ・涙が出る まず、花粉が鼻の粘膜に付着すると、花粉を体外に出そうをするので、くしゃみや鼻水、鼻詰まりといった症状が起こります。 花粉症の場合、くしゃみの回数が多いですし、連続して繰り返すというのも特徴の一つです。 また、鼻水はサラサラしていて、風邪の時のような粘り気のあるものとは異なります。 それに、花粉症になると、目にもかゆみや充血、涙といった症状が出るでしょう。 免疫反応によって目がかゆくなるのですが、掻いてしまうと余計にかゆみが強くなったり、角膜を傷つけるので、我慢するようにしてください。 目の充血は花粉が付着したことよって起きた結膜炎によるもので、アレルギー反応によって涙も出てきます。 このような症状が現れた場合には、花粉症の疑いが強いので、早めに病院で適切な処置をしてもらいましょう。